303280_m2.jpg

相続

相続が心配になったら、窓口に最も適しているのは司法書士です。相続に関する法律、不動産の名義変更、戸籍等の収集、金融機関とのやり取り等に精通しているからです。専門家のアドバイスが欲しいと思われたら、相続について経験豊富な当事務所にご連絡ください。懇切丁寧に対応いたします。

相続が発生した

笑顔の家族
 

ご家族がお亡くなりになったら、必ず様々な手続きが必要となります。不動産の名義変更、金融機関の預貯金の手続、戸籍など書類の用意、年金手続、相続税申告など、よくわからないし手間のかかることが山積み…中には申請の期限があるものなどもあり、とても複雑です。当事務所では、相続に関する案件を数多く取り扱っておりますので、安心してご相談ください。

  • 不動産の相続手続(名義変更)

  • 遺産分割協議書の作成

  • 戸籍等の収集

  • 遺産の調査、遺産承継業務

  • 預金等金融資産の相続手続

  • その他役所等の各種相続手続き

  • 相続放棄、相続人の意見の取りまとめなど

また、相続税等税金についても、提携している税理士事務所が承り、あらゆる面からお客様をサポートいたします。

 

相続に備えたい

書類を書く人

自分がいなくなった後、残された家族はどうなるのか…
相続の心配やもめごとを防ぐために、また相続税対策のために、生前に行う相続の準備について是非ご相談ください。当事務所では、今までの豊富な経験や知識をもとに、お客様それぞれの状況に適した方法を提案し手続をお手伝いいたします。

遺言

遺言は、残される家族等に想いを伝え相続を円滑かつ円満に準備するための大切な手段です。遺言によって、遺産相続の仕方を前もって決められるからです。しかし、遺言書の内容に不備があると、思い通りに財産を遺すことが出来なかったり、無効になってしまうこともあるので、専門家のチェックを経て作成することをお勧めします。
当事務所では、遺言書の作成方法や遺言内容の検討、最終的に完成させるまでをサポートし、お客様の希望をかなえ、かつ法律的にも適切な遺言書づくりを一からお手伝いいたします。
■遺言書作成のポイント

成年後見・信託

判断力が衰えてしまうと、その方の預貯金を引き出せなかったり、不動産を処分出来ない等、様々な問題が起きてきます。特に、オーナー経営者の方がそのような状態になってしまったら、経営上大変なリスクです。また、成年後見制度を利用する際には、この制度についてよく理解し納得することが大切です。気がかりがある方は、当事務所に是非ご相談ください。成年後見制度、任意後見制度、家族信託等、先々に備えるためのアドバイスや提案をいたします。

生前贈与・その他相続税対策

生前に親族に不動産を譲ってしまいたい、生前に相続税対策で不動産の名義を変えた方がいいのか…そんな気がかりがあれば、是非当事務所にご相談ください。
単に不動産の名義変更をするだけではなく、贈与税や将来かかる相続税等についても検討し、当事務所と提携する税理士とともにお客様の立場に立った様々な方法をアドバイスさせていただきます。

 

遺言書作成のポイント

説明する女性

◆遺言書作成のポイント

①遺言を確実に実現するためには、遺言執行者を選んでおくことが大切です。
②遺言書は何度でも書き直すことができます。一度決めたら変更できないわけではありません。
(※費用が発生する場合があります。)
③想いを確実に実現させるためには、想定外のケースをどこまで想定して盛り込めるかが重要です。
④遺言は、死亡したときに残っていた財産についてだけ効力が発生します。遺言書の中の財産全てを残しておく必要はありません。自由に使えますのでご安心ください。

経験豊富な当事務所が遺言書についてアドバイスいたします。ぜひご相談ください。